子ども教室

最近は子どもの運動不足が深刻な問題になっています。

また幼少時から専門種目をやらせ過ぎる(例えば野球で投げさせ過ぎるなど)ことなどもあり、それらを改善するための運動指導を行っております。

特に小学生までは「ゴールデンエイジ」と言われ、12歳くらいまでにいかに多くの動きをさせられるかが、将来のパフォーマンス、そして大人になってからの健康や脳の発達に多大な影響を及ぼすことがデータとしても出ています。

 

そこでそのような小学生などジュニア期に行うべきトレーニングを楽しく、カラダと頭を使って学ぶ教室形式で指導をしています。